ぬい丸クソ日記

承認欲求というより最早承認承諾

菅田将暉が乳首をつままれる映画「帝一の國」レビュー

正直めっちゃ面白かったので作業の邪魔だった

f:id:compass_nui:20190307095845j:image


あらすじ

大物政治家を父に持つ帝一は、夢である日本の総理大臣への最短距離であり父の母校でもある海帝高校に入学。幼馴染のヒロイン(男)で参謀的存在の光明、幼馴染で親子共々政治上のライバルとして君臨し続ける菊馬や人望が厚いが政治や生徒会に興味のない貧乏特待生イケメンのらと共に生徒会長を目指した戦いを繰り広げる。生徒会長が次期生徒会長候補を選出出来る制度があることから、1年の帝一は2年である生徒会長候補の森園と争うこととなる氷室に気に入ってもらうべく奮闘する。

 

 

 

 

 

めちゃくちゃ面白かったです。邦画は自分に合わずあまり見ないのですが純粋にコメディが面白かったです。今放送してるドラマの3-A組の主人公菅田将暉とヒロイン永野芽郁が同じく主人公とヒロインで共演しているのですが、タイムリーでギャップにも笑いました

政治ものにも関わらずコメディ要素が強く誰にでも勧められる面白い映画だというのが率直な感想です。菅田将暉の迫真のコミカルな演技()が本当に面白くて、(映画を履歴書書きながら見てたのですが)ずっとニチャニチャ笑ってました

主題歌はクリープハイプの「糸」で、上映時にはそこらで流れてたので聞いたことがあるんじゃないかと思います。クリープハイプの曲はデリケートな心や壊れた後の愛を歌ってたりおおよそコメディ映画とは程遠い存在だと思っていましたが全然違和感も感じませんでした。

 

 

 

ここからばちこりネタバレ

強いて言うなら二年生が氷室と森園以外にろくな人材がいなかったのか?というのは疑問に思ってしまいました。本田(立候補辞退する人)が候補者3番手って他のルーム長はどんだけ弱いんだ……

それから1年次の生徒会選挙で帝一が選挙に参加できず、結局いいところは弾と生徒会長が掻っ攫って行ってしまい、盛り上げ方的に一番のクライマックスか?と思わせている中で主人公が蚊帳の外というのは少し残念だったかなあと思ってしまいました

しかしながら最後の最後に自身の生徒会選挙で、有能光明の手話からの帝一のとっさの機転を利かせて勝たせたんだぜというところはめっちゃ頭脳戦感あってよきでした。光明まじ公明

どのキャラもいいところがあるとか、憎めない感じがあるのがまた良かったです

 

 

イケメン弾と有能ホモ光明すこすこ侍のぬい丸でした